<   2009年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Pilgrim's Bounty

□概要
各首都のイベント会場(大抵外出たところ)にBountiful table / 販売品が微妙に異なるNPC / Cooking Trainer / クエストNPC
Elwynn ForestとTirisfal GradesにLv1の七面鳥を大量配置

NPCは各種イベント料理の材料と、5種類のレシピ詰め合わせを販売している
レシピは必要スキル1、100、160、220、280で材料は280のもの以外各都市のNPCが格安で売っているので、光の速さでCooking Skillが上がっていくボーナスイベント

1の材料はどこでも
100の材料はUndercityのイベント会場
160の材料はOrgrimmerのイベント会場
220の材料はThunderbluffのイベント会場で販売されている

280の料理材料はElwynn ForestとTirisfal Gradesの外にうじゃうじゃいる七面鳥 Drop率100%
こいつはこいつでAchievementの為に最低40匹は狩ることになる

ちなみに材料はどれも激安だけど7daysのDurationつきなのでAHには流せない

□Achievement概要

 一日5種類できるDailyを最低10回こなす必要があるので、最短所要時間2日(分)

・Bountiful Table関連 "FOOD FIGHT!"、Sharing is Caring、Pilgrim's Paunch、Pilgrim's Peril

 Bountiful Tableの周囲にあるイスに座ると、そのイスに応じた食べ物を食べる/投げつけることができる。
 他人の皿に投げ込む/他人から投げ込まれると他のイスの前に置かれている食べ物も食べさせる/食べることができる。
 全ての食べ物を5回ずつ食べるとThe Spirit of Sharing(Rep +10%)のBuffを1時間得られる。

 誰かが座っているイス(の前の皿)めがけて2回連続で食べ物を投げ込む→"FOOD FIGHT!"
 全てのイスに座って全ての料理を1キーで皿に投げ込む→Sharing is Caring
 自分の陣営の4都市のテーブルでそれぞれSpirit of SharingのBuffを得る→Pilgrim's Paunch
 料理Dailyで貰える衣装を着て、敵対陣営4都市のテーブルにつく→Pilgrim's Peril

・料理関連 Now We're Cookin'、Pilgrim's Progress

 5種類のイベント料理を全て作成する→Now We're Cookin'
 各都市で貰える料理Daily(各種料理を20個渡す)を5種類全てこなす→Pilgrim's Progress

 Now We're~は自分で作らなければならない。
 Dailyは必ずしも自作する必要は無い。

・その他 The Turkinator、Terokkar Turkey Time、Turkey Lurkey

 Elwynn ForestとTirisfal Grades全域にいる七面鳥を30秒以上間隔をあけずに40匹連続で倒す→The Turkinator
 料理Dailyで貰える帽子と衣装を着て、tBC Instance、Sethekk Hallsのボス King Ikissを倒す→Terokker Turkey Time
 料理Dailyで貰えるTurkey Shooterで各種族のRogueを1回ずつ撃つ→Turkey Lurkey

 Turkinatorは周囲100y位に誰かがいる状態で行うと地獄を見る 出来る限り都市や村から離れて隅っこのほうでやるべき。

 Terokker Turkey TimeはNormalでもいいので恐らく全Class Soloable

 Turkey LurkeyのTurkey Shooterは1回使い切り ミスって違うクラスや一度撃った種族を撃ったりしないように
[PR]
by feenal | 2009-11-22 22:33 | WoW:PlayLog | Comments(0)

Icecrown Citadel Raid Access Progression

ひっでえ小出しシステム

・Icecrown CitadelはThe Lower Spire, Plagueworks, Crimson Hall, そしてFrostwing Hallsの4セクションに分かれている。

・当然小出しにしていく。勿論小出し期間中はHard Modeなんてやらせない。
Lower Spire : Lord Marrowgar, Lady Deathwhisper, Icecrown Gunship Battle, Deathbringer Saurfang

Plagueworks : Rotface, Festergut, Professor Putricide

Crimson Hall : Blood Princes , Blood-Queen Lana'thel

Frostwing Halls : Valithria Dreamwalker, Sindragosa, the Lich King

・そして実装間隔も恐らく一週間毎ではない
 "Progress beyond that point will be prevented for several weeks."

・更にAttempt回数制限もギチギチに固められている
 The Ashen VerdictはIcecrownへの襲撃を手助けしてくれるが、それは無制限なものではない。
 Icecrown Citadelの中で最も難しい4体のボス、Professor Putricide、Blood-Queen Lana'thel、Sindragosa、そしてLich Kingに対しては、1週間毎の挑戦回数が制限されている。
 制限回数を使い切ってしまうと、Ashen Verdictは引き揚げてしまい、4体のボスは全て消滅し、その週は挑戦できなくなる。


 挑戦回数はセクション開放が進む毎に増加する。
 ProfessorのいるPlagueworksが開放された段階ではたった5回しか挑戦できないが、Crimson Hallが開放されれば挑戦回数は10回に増加する。
 そしてFrostwing Hallsが開放され、SindragosaとLich Kingに挑戦できるようになると、15回に増加する。
 (先に進むと回復するのではなく、入った瞬間に5回、10回、15回の挑戦回数が与えられる形式。文章を読む限りでは上記4ボス以外では挑戦回数は減らない・・・はず)
 この挑戦回数に関するAchievementや報酬は一切存在しない。Wipe無しでクリアしてもTribute of InsanityのようなAchievementはつかないし、Lich KingのLootが良くなることも無い。

 また、12体のボスが全て開放されてから一定の期間が過ぎると、Ashen Verdictは強化され(るという設定で)、挑戦回数が増加する。
 更にVarian WrynnとGarrosh HellscreamがRaidを鼓舞し、Health、DPS、Healing Doneを上昇させるBuffをつけてくれるようにもなる。




・ボスは確かに実装する・・・実装するが・・・今回まだその時と場所までは指定していない・・・
 つまりBlizzardがその気になれば・・・Lich Kingの実装は10年・・・20年後ということも可能だろうということ・・・!

・追撃のAttempt回数制限でダメージは更に加速した
[PR]
by feenal | 2009-11-19 12:09 | WoW:Forum | Comments(0)

Shadowmourne

http://db.mmo-champion.com/i/49623/shadowmourne/

あ、ArPついてますね
PalとUnholy DKの方はごえんりょください^^;
[PR]
by feenal | 2009-11-19 11:16 | WoW:Forum | Comments(1)

ルーンファクトリー3

機種:DS
ジャンル:ほのぼの農作業ゲーム、の皮を被った日本一ソフトウェア系やりこみA-RPG
クリアタイム:30~60時間程度

源流が牧場物語なことと、ゲームの冒頭で広大な農地を前に「じゃあがんばってたがやして☆」と言われるので、
てっきり村住民とほのぼのとコミュニケーションしながらのんびり農作業をするゲームかと思ったら、本筋はARPGだった。しかもかなり硬派。

全体通してとんでもなく出来がいい。数十時間プレイしてストレスを感じる所が殆ど無いゲーム。
インベントリ関連でDSの限界を感じる所もあるけれど、他の要素は全部最良の部類。
エンドレス作業系ARPGなのでジャンル的に合わないという人は多いと思うけれど、
トコトン合う人は300-400時間くらいの超長時間プレイができると思うし、それに耐えうる程の内容。

俺クロレビ10 10 10 10の40点
[PR]
by feenal | 2009-11-19 00:07 | other | Comments(0)

Borderlands

長々書くのは面倒なので一言で



見栄えの良いクソゲー



フルプライスの価値は絶対に無い
[PR]
by feenal | 2009-11-05 19:15 | Comments(0)

Torchlight感想

Very Hardでクリア~Shadow Vault10Fまで

ジャンル:Hack'n'Slash RPG
価格:Steamで19.99$
クリアまでの時間:8-12時間

・長所

1:
 ゲームスタート~クリアまでの難易度設定が秀逸。
 Very Hardだと後半やや厳しいのでHard位が一番バランス良く楽しめると思う。
 スキルが少ないので早々に主要スキルが揃って俺TUEEEEができるのも良いし、
 その状況でも敵の脅威が完全に消えることが無いので眠くならない。

2:
 細かい部分が丁寧。
 Shift+Clickでのアイテム移動や、地上に戻ることなくアイテムを売れるペットの存在、
 死亡時の蘇生位置選択など、ストレスを軽減する要素がきちんと組み込まれている。
 欲を言えばCainのような一括鑑定NPCが欲しかったところ。
 Uniqueの鑑定をするのは楽しいけれど、ゴミマジックの売値を上げる為にちまちま鑑定するのは面倒なだけ。


・短所

1:
 金払うだけでアイテムにエンチャントがつきまくる、ランダムエンチャントギャンブルが酷すぎる。
 初期武器を10000Gold位かけて鍛えると、数時間プレイして出るようなUniqueより強くなってしまう。
 元が強い武器だとエンチャントギャンブルに狂った金額が必要になり、金をかなり稼ぎ辛い仕様もあいまって、 エンチャント1回で数万gold位かかるような強力なUniqueよりも数百goldで何度もエンチャントできるLv1のゴミの方が強力になってしまうこともザラ。
 強化時極稀に今までのエンチャントが全て吹き飛ぶこともあるけれど、発生率が低すぎるのでほぼ無制限にエンチャントできるのも大問題。
 アイテム漁りというHack'n'Slashの根幹を叩き潰すレベルのアホシステムなので早々に修正しないといけない要素。
 ただ、作りたてのキャラにReqLv1の超強力武器を渡して敵を蹴散らすというのも楽しいといえば楽しいのは事実。
 まずいのは100回鍛えたLv1武器の方がLv50位の武器よりも確実に強くなるということで、この辺に単純に何らかの上限を設けるだけでも大分違ってくるとは思う。

2:
 アイテム漁りにあんまり意味が無いので必然的にクリア後のダンジョン探索にもあんまり意味が無い。
 クリア後に追加されるダンジョンには今までに出てきたステージと敵がランダムで入れ替わるだけでかなり単調。
 ついでに言うとクリア時点でスキル構築もほぼ完了してしまうので(少なくとも弓Vanquisherは)キャラが急激に強くなることも無い。
 クリアまでのプレイヤーと敵の成長カーブが秀逸だっただけにクリア後いきなりつまらんというのはかなり残念。


・総括

 Hack'n'Slash系に最低限必要な物を丁寧に揃えて作られたコンパクトな佳作。
 価格が19.99$と、クオリティの高さに反してとんでもなく安価なので確実に元は取れる。
 「サクサク進むゲームで3日くらい遊びたい」という時に。

 但し本編クリア後の惰性トレハン作業は正直長続きしない。というかアイテム漁りに意味が無いので当たり前。
 この手のゲームの楽しさの5~9割位はクリア後のアイテム漁りにあるので、そのあたりはModや拡張に期待。

 点数つけるならModツール公開後で8 8 8 9 公開前クリアまで7 8 7 8 クリア後6 5 6 6
[PR]
by feenal | 2009-11-01 01:54 | Comments(0)