ネトゲ渡り歩き日記


by feenal

<   2011年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

The Last Story

Wiiという先天性の重い病を背負って生み出された神ゲー。

----いいとこ----

基本的には

街でイベントのフラグを立てる

バトルステージへ

色々な状況、場面で戦闘X回の後ボス

街へ

の繰り返し。戦闘の解法探しと、街でだらだらするのを楽しむゲーム。

戦闘に関しては、最初の数時間はチュートリアルなので、やれることが少なく正直退屈。
一つ一つ行動がアンロックされていき、仲間に指示を出せるようになった辺りから面白くなってくる。後はずっと面白いまま。
序盤~中盤にかけての戦闘はずっとぬるくてやや不安になるけれど、試練の塔あたりから危うい局面も増えてきて、ラストダンジョンで激化。この辺りの賛否は人それぞれか。

街はかなり細かく作ってある。イベントや細やかな要素も山盛り。
かなり放置しても初期から受けられるものが残っているので、時限式のイベントはかなり少ない。
シナリオ進行上、街に戻れなくなる直前まで、ほぼ全てのイベントをこなせるはず。
これでラジアータみたいなNPCの生活システムが備わってたら歴史に残る最高の街になったんだけど…残念ながら名前持ちの固有キャラはかなり少ないので、それは無理な相談。

----オンライン----
・討伐
モンハンもといボスのみCo-op。
キャラレベルは固定だけど装備はオフラインから持ってこれるので、キャラ性能はプレイヤーのストーリー進行度によって変化する。

Coop自体は面白いけど、いかんせん数が少ない。
クラーケン・ネビロス・ネルー辺りは完全にパターンを組めるので、2回目以降が楽しいのは繭の魔人とアータルくらい。

・乱闘
Lv無し、装備持ち込み無しのバトルロイヤル。
公平なように見えて、物理系はキャラ性能にやや差があり。一撃2000+奪っていくキャラがいるかと思えば、数百ずつしか削れないキャラも。
ダウンさえしなければ連撃の間にガードを挟めるゲームなので、一撃が重いほうが恐らく有利だと思う。
魔法系は視線さえ通っていれば遥か彼方からHP最大のキャラを一撃で葬り去るチート攻撃が可能なかわりに、物理キャラに執拗に追いかけ回されるとほぼアウトという弱点あり。
後はフィールドに殴るとサイレンスのつく武器が落ちることがあり、それで叩かれるだけで20秒位何もできなくなるのはどうかと思う。

タイマン環境でなければ万人にそれなりの勝機がある良ゲー。


----Wiiへの愚痴----

神ゲーなんだけど、問題点はやはりハード。
もうこのご時勢、「WiiのRPG」が存在する理由と価値と意味が全く無い。

ロード頻度、長さも酷いものだけど、顕著なのはグラフィック。
PS3なりXboxなりPCなりで遊んだことがあるプレイヤーは、忍耐を必要とする。
一部マップがゲームプレイに支障がでる程暗いのはWiiのせいなのかグラフィックにセンスが無いせいなのかは不明。洞窟とか夜の城とか本当に最悪。

操作もリモコン+ヌンチャクはメイドインワリオ以外のあらゆるゲームに向かないので論外として、
クラコンProもPS3やXboxコントローラーと比べたら大分落ちる代物。操作にはかなりの難がある。
クラコンに足枷のようについてくるリモコンも邪魔。
特にちょくちょく挿入される視点操作のイベントは糞グラと糞コントローラーのコンボでWiiのカスっぷりが最大限に発揮されていて非常にイライラさせられる。

あと、一部のイベント作成者にセンスが皆無。
このゲームには不要なゴミイベント(しかも大半が強制イベント)が時折挿入されててカチンとくるのを三回くらい通り越して殺意が沸く。
ラスボスに殺された回数より、衛兵との鬼ごっこで捕まってゲームオーバーになった回数の方が多いプレイヤーは恐らくかなりの数に上ると思う。

----

Wiiじゃなければ40点満点 Wiiなので8 8 8 8の32点
PS3/Xbox移植の完全版商法に期待
[PR]
by feenal | 2011-01-29 02:42 | Comments(11)