<   2011年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

TERA

金銭回収用。

□総評
 寿命が短いの一点に尽きる。エンドコンテンツがどうこうというレベルではない位短い。初日でド廃人が30hitしていることから見て、カンスト(60程度)までプレイタイム100~150時間程度。Openβのキャラを持ち越すことを考えると実際の寿命はこれより短く、ド廃人なら3日から一週間、一般プレイヤーでも長くて2ヶ月程度と予想される。
 また、戦闘システムを考えると将来性もかなり低い。フリーターゲット制でまともなRaid Bossは作れない。というかまともな物(Tank Melee Ranged Healerそれぞれに、何らかのリアクションを要求してくるようなボス)を作ると大半のプレイヤーはついてこれない。結果、アホ程難しいか、宝箱同然のボスしか作れないので、「これならモンハンやってた方が一兆倍マシ」となってしまう。

 非難轟々の月額料金については、運営の想定通りだと思う。WoWと比較すると85円のもしもしアプリ価格にしてもまだアホ程高いこのどん底ゲーで、まだ金を支払おうとするプレイヤーはゲームに金を払おうとしているのではなく、βの間に形成・・・してしまったコミュニティに金を支払おうとしている。
 また、ゲームの寿命を考えると、プレイヤー数は開始1ヶ月で激減する。つまり、本来の収入源は月額課金ではなく、アイテム課金の方。となると料金を無料に設定してハンゲームのタダゲ厨を引き入れ、コミュニティの質を下げる危険を冒す(コミュニティ依存している(金払いの良い)プレイヤーが辞める危険性がある)よりも、高値に設定してしっかりとアイテムに課金するようなプレイヤーだけを抽出するべき。
 つまり、月額課金制は抽出の手段であって、メインの収入源では無い。1000円に設定しても、3000円に設定しても、コミュニティ依存しているプレイヤーの総数は大して変わらない。となればより多く毟り取ろうと考えるのは、自然な話。

 コミュニティに依存しているプレイヤーに「クソゲーだからやめなよ」と言っても、恐らくは聞く耳を持たない。彼らが辞めるケースは、親しい友人が辞めたり別のゲームに行ったりするか、所属しているコミュニティが何らかの理由で崩壊するかが大半を占める。ハイブリッド課金は中身の無いゲームでプレイヤーから限界まで金を絞りとる非常に頭のいい手段であり、3000円という価格設定も、目的を考えると、適切。



 大分脱線したけど、モバゲーやグリーのクズの山と似たり寄ったりの誘蛾灯みたいなゲーム。
[PR]
by feenal | 2011-08-16 15:19 | Comments(0)