ネトゲ渡り歩き日記


by feenal

<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Everquest

 Norrath・・・なにもかもが懐かしい・・・が、やはりというかなんというか、今更プレイするようなゲームでは無かった。Free to Play化の二日ほど前に14days Trialでちょろっと遊んでみたけど2時間もたなかった。
 全く変わっていないログイン画面のBGMを聞けた瞬間にもう十分満足してしまったというのもあったけれど。

 NPCを雇えるようになっていたり、チュートリアルがしっかり作られていたり、経験値が貰えるRepeatable Questが実装されていたり、序盤から数ppで手に入るアイテムがごろごろ手に入ったりと、確かに進化はしている。してるんだけどそれは最早今のゲームが二千年前に通過した場所であってプラス要素にはならない。
 ついでに言えば、Free to playの仕様もアイテムを買わせるタイプではなく、実質トライアル期間が無制限化する程度で、まともにプレイしたいなら月額課金必須という時代に合わない代物。こんなところまで古臭くなくてもいいのに。人を呼び戻したいのなら、キャラメイクの時点で相当な制限をかけたのは明らかな失策。仮に完全無料のフリーゲーム化したとしても、Lv95まで遊ぶかと言われれば・・・・・・。
[PR]
by feenal | 2012-03-19 04:44 | Comments(0)

Star Wars The Old Republic

週末フリーパスイベントが行われていたので遊んでみた。
4時間くらい遊んだ所で「いや結局やらないだろ」と我に返って終了。
ちなみにスターウォーズは一作も観てない。

□一番大事なこと
 Spaceキーでイベントシーンをスキップできる。
 知らないと、クエスト一つにつき数十秒~数分の会話イベントが発生して死ぬ。
 Escだとご丁寧にもう一度最初からイベントが再生されて死ぬ。

□まとめ
 WoWコピー。それ以上でもそれ以下でも無いけれど、とにかくストレスを感じる箇所が少なかった(というか無かった)のが印象に残った。Warhammer、Rift、そしてSWtoRと、WoWコピーが作られる度に、その複製精度が改善されていくのがわかる。たった数時間のプレイではこのゲーム自体に特筆すべき事柄を見つけることはできなかったけれど、そろそろローンチ当初から今のWoWに匹敵するゲームが出てもおかしくないかも知れない、という希望が持てる一作。
 残念なことにスターウォーズには一切興味がなかったので、常軌を逸したレベルで作りこまれている会話イベントを楽しむことは出来なかったが、ファンであればそのあたりも相当大きなプラス要素になるのでは。
[PR]
by feenal | 2012-03-19 04:14 | Comments(0)

Haven and Hearth

何の因果か個人製作の超ローテク2D MMOやってる。面白いけど誰にも勧められない。
「うちの軒下にいた蜘蛛食ったらすっげえ美味しい! けどこんなの食ってるなんて誰にも言えない…」みたいなゲテモノ珍味ゲー。

http://www.havenandhearth.com/portal/

□概要
 Ultima Online + 無人島物語

 NPCによる文明が一切存在しない、超広大なフィールドでプレイヤーコミュニティを形成し、好き勝手に生活するゲーム。

□プレイヤーコミュニティを形成させるゲームバランスの妙
 ゲーム開始当初、プレイヤーの文明レベルは類人猿よりも下。狩りができず、釣りができず、地面に落ちているものを拾う以前に見ることすらできない。
 この状態から成長させていくことで、狩猟民族にすらなれない非知的生命体の状態から最終的には中世程度の文明にまで発達する。
 しかし、できることが増えると必ず物理的な限界が来るようにも設定されていて、具体的には時間が全く足りなくなる。仮に毎日24時間費やすことができたとしてもそれでも足りない位に、莫大な時間を吸い取るゲームシステムが構築されている。
 静かに平和的に暮らすにしろ揉め事に首を突っ込むにしろ、文明レベルを上げるのはゲームを通して大きな目標となるので、この限界は何とか回避しなければならない。そしてその理想的な解決策はプレイヤーコミュニティの形成以外には存在しない。畑仕事・採掘・狩猟採集など、時間と手間がかかる作業を分担し、各自がコミュニティの発展の為に一丸となって協力しあう。
 つまりは、古参のMMOプレイヤーが、特に旧Ultima Onlineのような「生活」を根底に据えたゲームのプレイヤーが望んでやまないような魅力が詰まっているゲームと言える。

□とはいえ
 とは言え、ゲームとしては大分狂っている。
 あらゆる面においてシビアな作りとなっていて、ゲームを始めたら目の前にいるNPCに話しかけて、後は矢印をたどっていけば懇切丁寧にチュートリアルがなされ、アイテムが一つずつ手に入り、レベルが最大まで上がり…といった昨今の主流からは完全に外れている。実際にプレイしてみると面白いんだけども、これを他の人が面白いと思うかは正直わかりかねる。

 オススメはしないけど、いや、でも、俺は面白いと思うよ・・・?た、たぶんね?
 みたいな感じになってしまうのがもどかしい。
[PR]
by feenal | 2012-03-02 02:36 | Comments(1)