<   2012年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Legend of Grimrock 2

Hardmodeクリアまで。クリアタイム12時間+、総プレイ時間20時間+

□クラスバランス
 低層では低DEX 低武器スキルのせいで全然当たらなかった武器攻撃がじわじわと当たるようになり、最終的にSTR/AttackPower超偏重の牛が振り回す斧が爆発的に強くなった。
 拾えなかった弓も4Fだか5fあたりで(手前にもSlingがある?)拾えるようになり、Missile WeaponスキルのダブルショットのおかげでRogueが安定したDPS源に。
 その一方でMageの魔法ダメージはWillPowerを上げてもそこまで高くはならず、中盤以降は失速。Immuneの敵も多く、活躍どころはFrostboltによる凍結のみとなってしまった。氷魔法を取ってなかったら完全にお荷物。
 最も活躍できなかったのはHealth/Vit/Armor偏重でTankとして育てたFighter。攻撃は弱いし一人だけ生き残っても仲間が死んでたら意味が無い。おとなしくDPSで固めた方が安定したと思う。

□ゲームバランス
 奥に進めば進む程こちらのステータスは安定していくし、アイテムは豊富になる。どんどん楽になっていくとは言え、それでも常時逃げながら慎重に戦わないとあっさり全滅するし、袋小路に追い込まれるとほぼ詰み。着実に育っていくキャラクターと確実に上がっていくプレイヤースキルに合わせられた、適切な緊張感が得られるバランスが最後まで続いていく。
 詰まっても数度の試行錯誤で突破でき、針の穴を通すような確率を抜けなければならないような運ゲー要素が一切無いのも評価できる。

□謎解き
 シナリオ進行上必ず解かなければならないような謎解きは、奥の方ではややマンネリ気味になってくる。良くも悪くもシンプルなゲームなので仕方のないところなのだけれども。
 一方で、Secretは本当に最後まで嫌らしい。幾つかのドアは結局最後の最後まで開かないままだった。

□総評
 古臭い3DダンジョンRPGを丁寧に作り直したらこうなりました、といったゲーム。古くて新しいという表現がしっくりくる。
 ダンジョン内に常に反響し続ける敵の足音だけでも、15ドルの価値はある。
[PR]
by feenal | 2012-04-23 19:48 | Comments(0)

Legend of Grimrock 1

ハードで5時間程度 5Fだか6F入った辺りまで

□ゲーム概要
 3Dダンジョン探索型パズルアクションRPG。
 3Dダンジョンをちょっと進む度に「解法ミス=死」の戦闘が発生するか、謎解きしないと先に進めないエリアが出てくるので、頭か腕かその両方かで切り抜けるゲーム。

□戦闘難易度
 ハードで始めたので当然と言えば当然だけど、かなりシビア。
 こちらはただの囚人4人なので、敵と真っ向切って戦うと死ぬか半死半生に陥る。
 敵は移動から攻撃までややタイムラグがあるので、1対1の状況であれば敵の正面に立たないように注意しながら戦えばノーダメージで勝利できる。が、それを簡単にこなせるのは序盤だけ。少し進むと遠距離攻撃をしてくる敵やフェイントをかけてくる敵、文字通りカニ歩きをするカニ等、単純な追いかけっこをさせないようなバランスになってくる。敵も1対1どころか1対2~が普通になり、何かをちょっと間違えるとあっさり部屋の角や通路の袋小路に追い詰められて死ぬ。というか1対1で周囲が広い、最良の状況で戦っても死ぬ時は死ぬ。

□謎解き難易度
 謎解きは全難易度で共通なせいか、かなり親切設計。ほぼ例外無くその場に用意されているヒントと材料でクリアできる。
 「例えば、何かのアイテムを投げて落とし穴の奥にあるスイッチを押し、落とし穴を塞ぐ」のが正解なら、必ず手前に「これ使ってね」と言わんばかりに石が用意されている。用意されている仕掛けだけでは判別しにくい、何か特殊な事をしなければならない場所(~に乗って10秒程待て、とか)なら、必ず手前に文章によるヒントが書かれている。
 とは言え「解く上で親切」なだけで、仕掛け自体はそこまで簡単でもないし、理不尽なこともある。「普通の棚にアイテムが置かれてたので取った→壁から敵がわらわら出てきてもう死ぬしかない」という展開もよくあるので、こまめなセーブを怠ると悲惨なことになる。

□キャラクリエイト
 前衛二人、後衛二人。
 Fig Fig Mag Magが多分一番強いんだろうけど、試してない。
 Rogueは解錠もトラップ解除もトレハンも無いので、パーティに入れる必然性をあまり感じられない。
 せいぜい松明係がいいとこだが、それは別にMageでもこなせる。
 一方で、Mageはスキル取得の都合上、一人で運用できる魔法属性はせいぜい二つ程度。Mageが二人いれば全属性をカバーできる(する必要性があるかは不明)上に、一回の戦闘で使える魔法回数が少なめという欠点も補える。二人共ガス欠の時の戦闘が辛いのは、後衛Mage/Rogueでガス欠/弾切れの状況と変わらない。
 Mageを増やすデメリットは、戦闘操作が煩雑になること。魔法は数クリックしないと発動しないので、Mageを二人にすると相当忙しくなるのは間違いない。
[PR]
by feenal | 2012-04-13 07:58 | Comments(0)