<   2013年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

TERA:砲火の戦場2

門には執行者の威容が効くバグのような仕様がある。

ということを踏まえ、

全員で3突撃

1の砲台撹乱に10人 内門に10人
or
1の砲台撹乱5人 内門に15人

内門ブチ抜いて即クリスタルで数分割り

という作戦が割と盤石な感じで使えそうな気がする。
砲台撹乱無しで20人門直で行くと流石に集中砲火で捗らなさそう。

(手間取らずに)外門を壊した段階ではロケートスキャンもまだ使えないからどれくらいの人数が内門を叩いてるのか把握されにくいし、
威容のお陰で10人で内門を叩くと実質13人、15人で叩くと実質20人で殴ってるのとほぼ同じ威力に。
20人でいけば26人で殴ってるようなもんだけど、砲台撹乱無しだと流石に集中砲火を食らって捗らなさそう。
10:10で分けて門が削れてきたら5:15に切り替えて一気に割るのもありかな。

どの道執行者の威容を持参するのを常識として浸透させないといけないわけだけど、1週間もすれ7割程度のプレイヤーが持ってくるようになるのでは。
[PR]
by feenal | 2013-06-26 02:07 | Comments(0)

TERA:砲火の戦場

新コンテンツ。

□概要
 ランダムで攻めと防衛(仮にAチームとBチームとする)に分かれ、攻めAは相手の要塞の奥にあるクリスタルを破壊することを目指し、防衛Bはそれを可能な限り(最大15分)防ぐ。
 その後攻守を交代し、

 1ラウンドでAがクリスタルを破壊した→2ラウンド目のBはそれより早いタイムで破壊できたらBの勝ち、できなかったらAの勝ち
 1ラウンドでAがクリスタルを破壊できなかった→2ラウンド目のBは15分以内に1ラウンド時のAよりもクリスタルのHPを削れたらBの勝ち、削れなかったらAの勝ち
 両者クリスタルに全く触れられなかった場合→引き分け

 と、どこかで見たようなルール。
 最大の特徴はキャラクターのレベルと装備が完全に統一される点。
 低レベルで入場してもLvは最大の60に上昇し、全員の装備が強力なPvP用装備で固定される。
 ただし、覚えていないスキルは使えず、ハイレベルな紋章・クリスタルも支給されない。
 そのため、低レベルだとそれなりに重いペナルティを背負うことになる。

□感想

 重要な防衛ポイントは約8箇所(※1)で、どこかを疎かにするとあっという間に攻略されてしまうが、それぞれの距離は近いため把握は容易。
 適切な指揮があれば人員の割り振りそのものにはそこまで苦労しない。
 死亡時の復帰には10秒しかかからないため、プレイヤーの腕が拮抗している場合ゴリ押しは困難。
 全体の統率がそのまま勝敗に直結することが多いのは良バランス。

 どうしようもないプレイヤーの腕や実レベル差等を抜きにすれば、戦力は完全に人員配分のみで決定される。
 ゴレバフ、反抗バフで大幅に変動する戦力や、それに付随する時間管理、ポイント差管理を必要とする名誉の戦場と比べると非常にシンプルでわかりやすい。

 目玉であるキャラ性能の標準化はかなり微妙。
 低レベルキャラでもLv60キャラと同じ装備、同じスキルレベルなら100%の働きができるかと言うとそんなことはなく、
 入場可能になるLv30時点ではそのクラスのアイデンティティとなる強力なスキルを習得していないことも多い。
 更にPvP用クリスタルの有無だけでもキャラ性能が1、2割変わってきてしまう。
 おまけに低レベル=操作に習熟していないということも合わせると、Lv30キャラのパフォーマンスはLv60キャラの30~50%程度、70%も出れば御の字といったところ。
 各所に設置されている砲台や戦車に乗り込めばLv60キャラと完全に同じ(PvPクリスタルが適用されるかどうかは不明)性能を発揮できるが、
 低レベルキャラクターを選んで(中に入ると元レベルがぱっと見ではわからなくなる)譲っている余裕は無い。

 とは言え、戦場ポイント(※2)を稼ぎながら莫大な経験値を得られるわけで、低レベルプレイヤーが参加する動機付けだけはかなり強力。
 結果、砲火の戦場にはLv30~60まで万遍なく広いレベル帯のプレイヤーが参加しており、それはつまるところ、開始時に低レベルプレイヤーを沢山抱えた方に不利がついてしまうことに他ならない。
 この問題はLv30~57、Lv58~60に分けるだけでもかなり緩和されるはずではあるが、そういうことには多分ならないので解決されることもない。

□まとめ

 おおむね"狙い通りの"コンテンツ。

 所属しているギルドのカジュアルプレイヤーの居場所が軒並み「砲火の戦場」になっていることからも、今までPvPに興味がなかった、面倒くさいと思っていた層を大量に取り込むことに成功している。
 PvPをかじったことがないプレイヤーでも砲台に乗って敵集団にぶちかませばバシバシKillが取れるし、マッチングした瞬間に相手がガイテイ・白磁だらけで轢き殺され確定、あーあー・・・といった事態も無い。
 名誉・闘士の戦場よりも圧倒的にストレスが低いことは間違いない。

 現状では成功している砲火の戦場ではあるが、しばらくして、カジュアルプレイヤーが白磁・ガイテイを作り上げた時にこそ砲火の戦場の真価が問われる。
 白磁・ガイテイもできたし、いよいよ名誉・闘士に挑戦だ!となったら3コンテンツ全てが活きて大成功。
 名誉も闘士もやっぱいいや…ガイテイはPvE用にしよ^^ 砲火楽しい!となってしまったら失敗。

※1
 クリスタル・内門・左右ハシゴ・外側左右ハシゴ・1番拠点・右飛空艇パス~着陸地点

※2
 最強のDPS用指輪と交換可能。
 他にもPvP装備各種の素材に使う。
[PR]
by feenal | 2013-06-23 08:28 | Comments(0)