<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

乖離性ミリオンアーサー その2

■最近のなんやかや

 死んだらコンティニュー不可、即排出の『超弩級』難易度が追加。
 また、部位破壊をトリガーとした超強化やカウンター、異常に防御力の高い部位を如何に破壊してレアドロップを狙うか…など、
 最初期のゴリ押しゲーからすればかなりの変化を遂げている。
 カードプールが増えたことや歌姫の回復力だけでは全く追いつかなくなってきたこともあり、デッキ構築にも幅や深みがいくらか増した。

 とは言え、結局の所ボス戦を超えるために必要なのは純粋なカードパワーであり、まあガチャ引こうや?という所に変わりはない。
 特に大ダメージに耐えうるだけのHPを確保するのは最重要事項。最近のボスでは20000近いダメージを受けるようなターンも珍しくない。
 聖夜型アーサーに至っては1ターン目に全体18000ダメージの「小手調べ」が確定で飛んでくる始末。

 で、HPを上げるには「HPが良く上がるカード」をデッキにいれなければならないわけだが、これが全部ガチャ限で、通常プレイでは一切手に入らない。
 HPが4188上がる最強のHP増加カードは「クレア」「シグルーン」「卑弥呼」「ジャンヌダルク」「パーシバル」の5枚。
 このうちシグルーンと卑弥呼は(信じられないことに)イベントで配られていたため、初期からのプレイヤーであれば全員持っている。
 この2枚をデッキに投入すればそれだけで10000(リーダー設定なら6282上昇するため)ものHPが増加し、他のカードを1000HP程度で揃えたとしても(初期値込みで)20000近いHPは確保できる。
 最近のボスはそれを前提としてバランスが取られているため、イベントを逃してしまったプレイヤーは非常に厳しい戦いを強いられている。
 今から始めるならこの4188組を少なくとも1枚引くまではリセットマラソンした方がいい。

■歌姫ちゃんカードあれこれ

・ピクシー
 最近配布されていた。3コス単体11951ヒール。
 歌姫本体のヒールパワーと合わせると14000位の数値になり、他の追随を許さない最強の単体ヒール。
 回復量増加は自分のヒールパワーを2000程度増加させる。
 クルアガッハや聖夜型ブランシュフルールのような、もともとの数値が低いカードと組み合わせると大きな効果を発揮する。

・クルアガッハ
 大きなメダル10000枚による交換対象。
 4コス全体リジェネ3ターン。ついでにドロー+1がついてくる。
 2ターン目に単発で切ると死人が出かねない上にドローも生きず大して強くない。
 使いどころは中盤以降、ピクシーやコンスタンティンからのコンボ。
 回復力を強化して撃つことでバカにならないリジェネ量になる。チェインも繋げば10000近い回復量になることも。
 そうなればクレアのようなバフカードにも繋げやすくなり、戦局が一気に楽になる。

・コンスタンティン
 ガチャ限。2コス単体ヒール+回復力アップ+チェインで強化。
 回復力も「3コス単体回復、他能力無し」のベディヴィアとほぼ同値であり、さすがはガチャ限Million Rare。
 HP増加量も4188には届かないものの3000台と準最強数値で殆ど言うこと無しの性能。

・聖夜型リネット
 ガチャ限。3コス単体ヒールのみと、ベディヴィアとほぼ同性能のハズレに見えるが、HPブースト値が2769で3倍という桁外れの性能。
 他職で使っても6000近いヒール量になるため、HPに不安がある場合のお供として採用がありうる。

・聖夜型ニムエ
 サンタクロースの部位破壊報酬。超弩級なら確実に落とす(盗賊ニムエと歌姫ニムエの二択だけど)のであっさり取れる。
 2コス単体ヒール+物理防御力アップ。
 防御力アップは効果量不明なのでなんとも言えず。バグで発生しないこともあるとかなんとか(アイコンが出ないだけ?)
 上のガチャ限コンスタンティンと比べるとかなり見劣りするため、やはり配布Million Rareだな、といった性能。
 HP上昇量が低いのもやや気になる所。

・蹴球型ガヘリス
 ファイアキメラがたまに落とす。
 2コス全体物理攻撃力4817アップ/2ターン。
 2コスでクレアの約半分と非常にお得な性能。効果時間が短いのはネックだが、気にならない強さ。
 序盤から終盤にかけてバシバシ撃っていけるのでぜひ投入したいカード。

[PR]
by feenal | 2014-12-27 15:24 | Comments(0)

乖離性ミリオンアーサー 歌姫カードあれこれ

□非ガチャ限定
■回復カード
・シアナ
 螺旋の迷宮ドロップ。SuperRare→UltraRareまで進化。
 5コストでそれなりの全体ヒール。完全にエニードの下位互換というか無課金用エニード。
 上級までの攻撃ならこれで十分だが、超級バーバンシーあたりに行くと明らかに力不足で厳しい。

・オルトリート
 その辺でぽろぽろ落ちる。HighNormal→Rare→SR→URまで最大3回進化する。
 4コストで弱めの全体ヒール。
 1ターン目に敵の攻撃が上手く散った場合、2ターン目でコレを切ればとりあえずダメージをリセットできる。 

・ベディヴィア
 その辺でぼろぼろ落ちる。Rare→SR→UR。
 「一握の星」なら最大4枚だか5枚ドロップするため、極めて作りやすい名声90キャラとして重宝する。
 回復量も8000程度まで上がり、部位破壊が済んだ後の単発ヒールとしてかなり優秀。

・エヴェイン
 その辺でぽろぽろ落ちる。Rare→SR→UR。
 2コスト小ヒールで、中盤戦以降他のカードのお供として使いやすくなってくる。

・ベイラン
 その辺で以下省略
 3コストHP持続回復/3ターンでリトルグレイの圧倒的下位互換。
 せめて持続ターン数が5ならまだ人権もあったのだけど、ターン回復量1470の3ターンでは使いものにならない。

■支援カード
・ルサリィ
 イベントカード。SR→UR。
 4コスト物理魔法両面バフ/3ターン。
 両面バフカードはこれ1枚しか無いのと、4コストで2ターン目に撃てることもあって使いやすい。
 効果も4000弱とぼちぼちに高いため、無ガチャなら絶対必携カード。
 期間限定なので、取り逃したならリセマラでクレアを引かない限り歌姫をやらないほうがいい。

・カログレナント/ガーロン
 神々の住む森/幻影の砂獄でそれぞれぽろぽろ落ちる。
 カログレナントが物理バフ、ガーロンが魔法バフ。それ以外の数値は全く同値。
 3コストで1ターン目に撃てる、という点で上位カードを所有していても採用する価値がある。
 ただ、この辺りのカードを入れる場合歌姫本人は殆ど攻撃カードをデッキに入れられないため、
 物理に比べて魔法バフは効果が薄くなりがち。2,3ターン目は回復行動に追われることが多いので、
 攻撃カードが手元にあっても撃ちづらいこともあり、採用するならカログレナントの方か。

・アイアンサイド
 3コストで最大780物理防御アップ/3ターン。
 1ターン目に撃てることと、全体に効果があるという点でそこそこよく見えるが、効果が低すぎるのが難点。
 全体が物理で殴られる事自体少なく、1ターン目に切るカードとしては、持続時間や上手くハマった時の効率の良さから
 毎ターンHP回復の方が優秀。

■攻撃カード
・エクタードマリス
 その辺でぽろぽろ落ちる。
 2コス闇属性小ダメージ。
 1ターン目に闇攻撃カードを切るならゴットフリート、2ターン目以降は2コスなんて撃ってる場合じゃねえ、
 というわけで基本的に不遇。キラリー狩りですらちょっと攻撃力不足を感じるレベルだけど、チェイン用として。

・テルラムント
 その辺でぽろぽろ落ちる。
 エクタードマリスの光属性版でダメージ値は完全に同値。ステータスは僅かにこちらの方が優秀。
 とは言えやはり全く同じ理由で2コス攻撃カードは使いづらい。
 属性的にも闇の方が重宝するし、光属性チェイン用なら回復カードがしこたまあるわけでうーん…、といったカード。

・ゴットフリート
 イベントのバーバンシーで出るらしい。それ以外ではガチャ限。
 3コス闇属性中ダメージ。しっかり育ててあげれば威力は9000位まで上がり、2チェインでスーパーチアリーを焼ける。
 1ターン目から切れることもあって歌姫のアタックカードとしては非常に優秀。

・ブランクウェイン
 3コス氷属性中ダメージ。HighNormalからチマチマとUltraRareまで育てても、SuperRare止まりのゴットフリートより弱い。
 デッキを攻撃カードで埋めたいようなステージでは軽めの火力として優秀。
 ただ育てるのが面倒くさい。URまで育てないといけないということはマスターキラリーも必要だし。

・ロウエナ
 5コス闇属性全体ダメージ。こいつもHN→URまで育つ。
 攻撃力の数値は最終的に相当な所まで上がるものの、いかんせん歌姫に5コストの攻撃カードを撃つ余裕は無い。
 ボスの3ターン目にこんなもの撃ってたらパーティーが全滅するし、コストに余裕のでる6、7ターン目には大抵部位破壊は終わっている。
 チアリー狩りならそもそもコスト5のカードを切れること自体が稀。
 というわけで悲しいことに完全に紙屑の1枚。コスト3なら滅茶苦茶使いやすくなるだろうけど、そうなったら強すぎて多分ガチャ限になる。

■ガチャ限
・エニード
 5コスト全体超ヒール。単発で切っても強いが、3チェインもすればSSキャラでもほぼ完全に回復する。
 現状このゲームで無課金カードによる代替が本当に全く利かないカードはこの1枚だけ。
 ヤフオクでもエニードリセマラに成功しているアカウントはアホみたいな値段で売買されている。

・リトルグレイ
 多分ガチャ限。SR→UR。
 3コスト単体リジェネ/5ターン。
 事実上全属性4000ダメージカット/5ターンの超強力バフなので非常に優秀。
 5ターンもあればボスの部位破壊も殆ど完了するはずで、つまり効果が切れる頃にはこのカードの役割も終わっている。
 そのため効果切れも気にならない。

 真価を発揮するのは1ターン目なので、手元にあれば積極的に使っていきたい。
 最も効果のある盗賊に使うか、それとも自分に使うかは良心に依存する。

・クレア
 5コスト全体物理攻撃力超ブースト/3ターン。
 Million Rareまで育てれば傭兵と富豪の全攻撃に約12000ものダメージブーストをかけられるため、実質「撃てば勝つ」カード。
 とは言え、それは撃った後に味方が死ななければの話。
 5コストということは最速3ターン目に使用できるわけだけど、3ターン目というのは大抵2ターン目の猛攻(ケルピー/バーバンシー)を食らった後か、
 そのターンに強力な必殺が来るか(アイスドラゴン)のどちらかなわけで、それを無視してクレアをぶん投げるとまず確実に死人が出る。

 ……というわけで序盤はクレアが手元にあってもじっと我慢して凌ぎ、隙を見つけて打ち込む切り札的なカードとなる。
 一番楽でいいのは2ターン目に誰かが死んでコンティニューしてくれること。盗賊さんお願いします!!!!
 盗賊には効果が入らないので、「撃てば多分このターンで盗賊が死ぬけど他は死なない、手元に回復カードはあるがクレアと同時には使えない」という状況で
 盗賊を見殺しにしてクレアを切るか、クレアチャンスを諦めて盗賊を生かすかという選択肢が割と頻繁に生まれる、業の深いカードでもある。

・ローエングリン
 5コスト全体物理防御超ブースト/2ターン。
 約4000程度の物理ダメージをカットできる。
 効果は圧倒的だが、物理限定なのとコスト5というのが相まって使いづらい。
 大抵3ターン目には回復行動をとらなければならないので、敵の攻撃属性をきっちり読みきれれば、というところ。

・ディナダン
 4コス風属性攻撃カード。
 表記威力は歌姫カード中最大。
 とは言え他の職業の攻撃カードと比べると見劣りするし、4コストもかなり重め。
 超級ボスで撃つ機会は殆どなく、一般的な狩りステージで役に立つことが多い。



[PR]
by feenal | 2014-12-02 11:25 | Comments(0)