<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Shinryu湯治記8,9,10

■Lv41→50
特にShinryuとして(意味深)面白いようなことはなかった。
せいぜいが「魔界チェアに座ってPT募集を出すと、魔界の住民達がわざわざ何の募集を出しているのかを調べてヘルプしに来てくれる」ということがわかった位か。
ひたすらにあたたかなShinryuの加護を得て、ついでに言えば土曜日であったことも含めて、1日でLv41→50。
剣術士もワインと卵を運んで挑発を覚え、新たな戦いの準備は整った。
あ、拳術士あげてないや。

----

■Lv50

魔界でごろごろうだうだぐだぐだして発生するFate的なコミュニケーションも楽しいものだが、あれは対象を完全ランダムとしたガチャガチャのようなもので、更に言えば刹那的すぎる。
(あのような場で発生するコミュニケーションが刹那的なもので終わらなかった場合、それは大抵おそるべき事案になる…と言うのは、他のshinryu架空戦記を見ても明らかなところだ)

MMOである以上FF14はチャットツールのしての側面を持つが、それ以前にゲームである。
ゲームである以上、コミュニケーションはゲームを介して行った方が「やりやすい」に決まっている…かどうかは人次第だが、兎にも角にもレベルは上がっているに越したことはない、と思う。
もし、低レベルの方が「やりやすい」というのであれば、それは最早FF14というゲームの捉え方、または求めるコミュニケーションの質が俺とは違うのだと思う。
もちろん、どちらが正しいという話ではないのだけれど。

とにかく、日曜日は只管にインスタンスを駆け回り、行ける場所を増やしていった。
その途中、たまたまクリタワ開放クエストを同時にこなしていたひめちゃん(?)…の囲いのようなことをしてみたりもしたが、それはまた別の話。

----

◼︎Shinryu IL戦記

shinryu架空戦記において主役である、異世界からやってきた光の戦士達。彼らの生命線は短い。
6/19に一斉に消滅するという点において、一般的なプレイヤーとは相当に毛色が異なる。

レベルを上げることすらあくまでコミュニケーションのひとつとして捉え、低レベルのままのんびりと架空戦記を満喫するのも良いのだけれど、やはり行けるなら行けるところまで行きたいというのが人の性。
少なくとも白ちゃんではなく、使い古した剣道着のような臭いがモニタ越しに漂ってくる「戦士」などというジョブで始めてしまった俺のようなプレイヤーにとっては、そちらの方が「やりやすい」。
なぜナイトにしなかったのか。タンクには二種類存在する。ひめちゃんに「かばう」を使えるタンク、使えないタンク。俺は使えない方のタンクになってしまった。
今でもこの選択については悔やまれるところではあるが、切実な理由もあった。

きたるべき3.0パッチに向けて、Intelligenceをこれ以上下げるわけにはいかなかったのだ。
暗黒騎士は戦士よりもテクニカルであるという。何よりも重要なのはプレイヤーのIntelligenceなのだ。

閑話休題。
というわけで、行ける場所を増やしたい。そのためにはキャラクターを鍛えなければならない。
しかしながら、普通にキャラを育てていったのでは、時間が全然足りないのだ。
我ら光の架空戦記住人の寿命はあと一ヶ月残されているが、一ヶ月いっぱいを使って完成させて引退、では本末転倒だ。
可及的速やかにキャラクターを鍛え上げ、真成四層をクリアしなければならない。
俺の屍を越えていく次世代のキャラクターはいない。ロマサガ2で言えば最終皇帝だ。急がなければならない。

なんだかここまで来ると手段が目的になっている気もするが、これで良いのだ。多分。

0.金策する

何はともあれ金である。
メインクエスト終了時、IL50程度の貧相貧弱貧民の雑魚キャラクターにとって、とれる選択肢は非常に少ない。
古代の民の迷宮(IL50)には入れるが、シルクスは70であり、闇の世界は90だ。
古代を周回してシルクスに入って~シルクスを周回して闇入りして~というのは悠長に過ぎる。
まずはこの20ずつの超ギャップを神速で埋めなければならない。

無駄遣いをせず、クエストできっちりアラグ貨幣を貰っていれば、メインクエストクリア時に約35-40万ギルほど所持しているはず。
ローレベルや攻略手帳から入ってくるギルも馬鹿にはならず、このあたりは積み重ねの差が出るところ。
だがこれでは全然足りないので稼がなければならない。
しかしながらカゲロウのように短命な光の戦士には金策をする余裕がない。
手堅く練成で稼ぐにはクラフターレベルが足らず、未知で細かく稼ぐにもギャザラーレベルが足りない。
そしてそれらを上げるには時間が足りない。

というわけで確実かつ速やかに手に入れられる高額アイテムを売って支度金とすることにした。
具体的にはクラフタークエストで手に入るシャード数千個、2.1クエストで手に入るマテリガ二つ、クリタワクエストで手に入るマテリガ二つ。
これらを全て売り払うことでおよそ40万ギル程度の金銭になる。

支度金約75〜80万ギル。
これをもってシルクス(IL70)、邂逅編五層(IL82)、闇の世界(IL90)そしてネール撃破(IL105)、真成一層突入(IL110)までの足がかりとする。


1.マケボで新式110装備を購入する。

もし君がひめちゃんであれば、FCメンバーに買わせても良い。そうでないのなら財布の紐を緩め、この先に進みたまえ。

戦士で購入すべき新式110は斧、胴、腰の3部位。
支度金のほぼ全額を使ってしまうが、恩恵は大きい。
購入する順番はそのまま武器、胴、腰。金がたまり次第即購入したい。
ケチりたい、もしくは愚かにも散財してしまって支度金が不足している場合は、上述の金策で手に入るギルで武器だけでも購入したい。

架空戦記の住人にとって、武器の有効な選択肢はとてもとても少ない。
事実上、装備するべき武器は110新式一択で、他の全ての選択肢は軒並み辛い下積みなり周回なりを要求される。つまり時間がかかる。
たかが数十万ギルでノウス・ハイアラ同等以上の武器を入手でき、数十時間を短縮できると言う点で、新式110武器の恩恵は計り知れない。
タンク、ヒーラーならこれで十分真成四層まで戦えるので、次はバハムート武器(もしくは詩学、ZWゼータ)にアップグレードして終了である。

また、胴と腰はどちらも命中付きで、侵攻四層クリアまでの命中不足を強力にサポートしてくれる。
ただ、腰はデモンズにも命中が付いているため、拾える可能性を考慮し、安いNQを購入した。
その結果、金がいくらか余ったので新式首輪を購入しておいた。
指という選択肢もあったのだが、そちらはシルクスで油を拾ってノクト+ウェザードノクトにできる可能性があったので保留とした(拾えなかったけど)。
戦記首が低性能なので首輪を新式にして購入をスキップ、戦記を節約して左側に回すことに。

2.蛮神コンテンツ、クリタワをこなして戦記を貯める

次に、貧弱な光の戦士の命綱である戦記装備を集める。交換対象はまずアクセから。

戦記以外のアクセは色々あるが、新式は禁断しないと性能が悪く、禁断するとコストパフォーマンスが悪い。
邂逅編、侵攻編は最深層以外滅多にシャキらないことと、その最深層のクリア率が極めて低くて現実的ではないので却下。
メインクエストの極モグラムウシヴァはいずれやらなければならないとは言え、今この段階でやるべきではない。時間かかるし。

というわけで戦記の入手源は初期蛮神とクリタワである。あとはルーレット。
極蛮神でアクセを、古代、シルクスで左側を拾えれば一時的にILを盛れるので若干ラッキー。
ただ、どちらもネール(要求IL105)に辿り着くには力不足なので、最終的な戦記稼ぎの周回先は、IL120装備が手に入る闇の世界となる。
なけなしではあるが詩学も入るし。そういう意味でも左側戦記を優先して購入するのは効率が良くない。

…とは言え闇の世界の装備には殆ど命中が付いていないので、デモンズを拾えていても戦記靴と小手は「着替え」として購入しなければならないのだけれど。

3.侵攻四層までのリザルト

あまりよく覚えてはいないが
真イフガルタイタン1回ずつ

極ガル2回 タイタンイフ1回ずつ(ガルで指輪を入手)

真あるぽん1回(何も拾えず)

クリタワ古代1回(何も拾えず)

クリタワシルクス1回(何も拾えず)

邂逅4層3回(何も拾えず)

邂逅5層1回

クリタワ闇4回(デモンズ脚・頭・靴を入手)

侵攻4層(砂・油を入手)

大体こんな感じ。
下手すると無限にハマる可能性があったやみせかドロップの運が割と良かったのが大きい。

ウーツプージHQ
デモンズ頭
ウーツキュイラスHQ
ウェザードノクトガントレット
ウーツプレートベルトNQ
デモンズ脚
デモンズ靴(着替え:ウェザードノクトグリーブ)
プラチナディフェンダー首
ウェザードノクトブレスレット100
ウェザードノクトイヤリング100
ウェザードノクトリング100
ガルSTR指

かなりふざけた装備ではあるが、これでILは108で無事ネール入り。
命中が若干足りないので、そこは食事で補った。
ネールを撃破して出た油・砂を両方拾えたので、ノクトガントレットとアクセを強化してIL110。
そのまま真成1層への突入を果たした。


[PR]
by feenal | 2015-05-18 03:44 | Comments(0)

Shinryu湯治記5~7

なんやかやであまりプレイできていなかった。
本日ようやくがっつりプレイできてLV40弱。クエストはタイタンまで終わった。

・FCイベント編

ログインしたら即座にイベントに呼ばれた。
先日FCに加入した際に「10日イベントやります、Lodestone確認してね!」と言われたけれども、その時は特に何のトピックも立てられていなかった(もしくは見つけられていなかった)ので、そのまま忘れていた。

イベント内容はかくれんぼ+おにごっこ。
ケアルをかけられたら捕獲、というよくあるアレである。
ケアルもフィジクも覚えていなかったので、どたばたと幻術士をLv2にし、更にオニを示すカウル(Lv8装備)も装備できなかったので、斧術士にアディショナルでケアルをくっつけてなんとかイベント参加権利を得た。

参加者約20名でスタート。場所はラベンダーベッド全域、他人のLocationをFCチャットに流して場を混乱させるもの、複垢でそっくりなキャラクターを用意して方々に撒き散らすものなど、ほんわかイベントの割に中々エキサイティングな展開で面白かった。
細かい内容については割愛するが、このイベントは非常に盛況のうちに膜を閉じた。

その後、フリカンマスターの個人ルーム(このイベントのために作られたであろう、パセラのようなパーティー向けインテリアだった)に約20人がすし詰めになって自己紹介大会。

あいも変わらず、事案の影などどこにもない。
ひたすらに平和、ひたすらにのどかな中堅まったりフリーカンパニーの姿がここにはあった。
ラストフロンティア。ここは寒風吹きすさび、からっからに乾燥した大砂漠Bahamutから見れば桃源郷である(なお効果には個人差があります)。

・エターナルバンド編

別の日に行われたフリーカンパニーイベント。
漏れ聞こえてきたチャットによると「ゴールドソーサーで新婦ララカスに「なでる」エモをしたというのが夫婦の馴れ初め」というShinryuらしいほっこりエピソードがあった模様。

残念ながら残業残業アンド残業で参加できず。


[PR]
by feenal | 2015-05-13 17:01 | Comments(0)

Shinryu湯治記4

本日はBahamutで零式やってたのでやはりローレベのみ。
Lv30になってしまったし、明日はトトラクにするか、それともフリカンで白ちゃんを探してPLしてもらうかだ。

[PR]
by feenal | 2015-05-10 03:43 | Comments(0)

Shinryu湯治記3

飲み会だったため、死に体で帰宅してギルドオーダー、ローレベをこなしたところで意識を失った。
起きたらFFはログアウトされていた。

そしてAM5:00からAM7:00まで、また異なる"戦"というかBahamutにおける戦後処理が始まるのだが、それはまた別の話。概ねこれで29日を絡めた話は全てが終わった気がする。

ひどく疲れた

[PR]
by feenal | 2015-05-09 08:29 | Comments(0)

Shinryu湯治記2

Lv30弱まで

色々やってたらあまり時間が取れなかったのと、途中で寝てしまったのとで予定のLv30到達は敵わず。
特に意識しているわけではないけれど(おそらくは攻略手帳とレストボーナスのせいか)レベルが過剰に上がっていて、クエストではLvが5以上低い敵をなぎ倒すだけになっているので非常に楽。正直眠い。

トトラクを開放した所で本日終了。
時間的にもCFを使わずに人を集めるには厳しい。

----

■椅子コミュニケーション

まともに活動を開始して早2日、特に何も起こらないのは椅子に座っていないからだ。
Shinryuに来て椅子に座らないとは何事か。椅子に座ろう。

椅子と言えばリムサ・ロミンサ、リムサ・ロミンサと言えば椅子である。
つまりはエーテライトプラザでたむろしている連中は椅子があるからたむろするのであり、
椅子がなければ虫だらけのグリダニアか砂だらけのウルダハに集っていたであろう。
でもどっぷり浸かるのはアレだから、ちょっと座るだけな、ちょっとな。

結果から言えば、効果は抜群であった。
座った瞬間、というか椅子に近寄る意思を見せた瞬間から近くのメスッテやララメスからターゲットされる。
その後は限りないエモートの応酬である。エモエモアンドエモ。
トレードウィンドウが開けばミニオンの山がずらりと並ぶ。さあ覚えろ、さあ出せ。覚えて出す。ありがとう。またエモート。

ここには確かに異なる物理法則が働いている。椅子に座れば近くのララカスがすっとんできて横に座るし、隣のミコッテはハグをしてくる。明らかに椅子に座った俺を中心に引力が発生している。
今回はお試しシットダウン、湯治記的に言えば足湯だったのでひたすらエモエモして終わりにしたが、まあ、きっとちゃんと踏み込めばフレンド登録位はあっさりできるのだろう。

ベッタベタのコミュニケーションを取っているのに白チャットは殆ど使わなかったあたり、ディスコミュニケーションとも言える(これが言いたかっただけ)。

なお本日おじゃましたハーレムで一番かわいくキャラクリできていたララフェルのサチコメがこれ。Shinryuに光あれ。

[PR]
by feenal | 2015-05-08 03:44 | Comments(0)

Shinryu湯治記

Lv11→Lv25前後

全然レベル上がらなくて投げ出していたのでレストボーナスががっつりついてた。
通常、Lv15になってしまえば「タンク即シャキ」の顔パスステータスを得られるため、プレイにおけるストレスが大幅に軽減される。
特にサスタシャからイフまで続く地獄の4連続IDをするすると攻略できるのは大きい。

ただ今回は湯治(?)に来たので、通常ダンジョンの初見プレイ時にはコンテンツファインダーを使用せず、何かしらの手段を用いてShinryuサーバーのプレイヤーのみでパーティーを組んで行くことにした。
絶対の縛り、とまでしてしまうと逆に面倒くさいので、「ダンジョン解放後、ローレベルルーレットでうっかり初見を引いたらそこはそれでおしまいにしてもう行かない」という程度のぬるさで行く。
また、いにしえのEverquestプレイ時のように、パーティーを組んだプレイヤーを端からフレンドに放り込んでいく絆プレイなんてのもしようかとも思ったが、組んだとしてもせいぜい25分程度、更にレベリングにおけるプレイタイムの9割以上をソロで過ごすこのゲームでは、すぐに誰が誰だかわからなくなってしまうのは目に見えているのでやめた。
一度組んだら数時間組みっぱなし、という互いにある程度の面識が得られるようなプレイを伴うコンテンツがカンスト後にしか存在しないのは勿体無いと思う。
いや、一応FATEPTなんてのがあるか。とは言えこのキャラクターでお世話になるかどうかはかなり怪しい所。斧50剣22拳15の戦士終着点からビタイチ上げるつもりはないし。

とにかく、ダンジョンに出かけた。
サスタシャはShoutしたら何故か現地まで3人走ってきた。Face to Faceを大事にする冒険者の鑑だ。
タムタラはパーティー募集をかけてShoutしてうろうろしてたら5分で集まった。カッパーベルも5分。順調すぎて書くことがない。
道中にしてもタンクが俺であり、まともなヒーラーしか引かなかったので一切事件は起こらなかった。Shinryuで死んだのはまだ「Twitter見てたら裏で死んでた」1件のみ。

----

タムタラが開放されると同時に至高のツール、パーティー募集も開放されたので、即座に雑談LSと中規模FCに加入した。
正直言えばなんらかの事案を期待していた所は否めないが、どちらもマスターが非常に誠実な人物であり、有り体に言えばとても良い所であった。強いて言えば「社会人推奨」を掲げるFCに比べ、雑談LSの方は若干「若い」印象を受けたか。
喜ばしいことに、そして残念ながら、事案の影はどちらにしても今のところ一切無い。
そもそもで言えば事案というのは割と小規模で閉鎖的なコミュニティの方が発生しやすい気がするのだけれど、閉鎖的なコミュニティに低レベル帯から所属してもつまらないので今回の選択からは外している。

FCでは加入後にハウジングへのテレポを促され、出向くとヒマしているメンバーが歓待してくれる…というなんともMMOらしいはからいまであった。ここは本当にエオルゼアか?

また、LSでは聞かれなかったので黙ってたけど、FCの方では経験者かどうかを聞かれて正直にそうであると答えておいたため、頭についている若葉はアホ毛程度の扱いとなっている。
そもそも「初心者のフリ」というのが絶望的に下手くそなので、逆に聞いてくれて助かったというところでもある。LSの方でもじきにバレるとは思うけれど。

----

イフリートは現地、つまりあの洞窟の所でまごまごしていたLv29の呪術師と組んだ。
大体どこに行ってもプレイヤーがいる辺りがShinryuの凄い所でもある。
残り2枠はせっかくなのでLSに協力を要請してみた。3秒でマスターを含めた2名がすっとんでくる。うーん、温かみを感じる。

----

イフクリア後はチョコボを調達するためにギャザクラを全て開放し、グラカン納品物を片っ端から納品。ほぼ全てNQで納品して攻略手帳の10回納品をクリアして1000軍票入手。
後は明日HQ品を購入してHQ納品5回をクリアすればもう1000軍票が手に入って目標達成。
死んだ目をしてクソつまらないFateをこなす時代はもう過ぎ去っていたのだ。

…最早Shinryu湯治というよりはただのローレベルプレイヤーの日記になってしまっている。
他のプレイヤーのBattle of Shinryuを観ている限りでは、戦の種は町中に転がっていることが多いようなので、次回以降は三国都市をフラフラする時間も取り入れていこうと思う。椅子か、椅子に座ればいいのか?

[PR]
by feenal | 2015-05-07 03:15 | Comments(0)